HOME > ハイライト > 情報

情報【Information】

情報【Information】

デジタルサイネージ。大型映像による情報表示はスタンダードに。
広告表示だけでなく、必要な場所・時間に求められる必要な情報を提供。

外国人観光客の増加に伴う多言語表記、刻々と変化する状況に応じたリアルタイム表示など、表示すべき情報はさらに大容量・詳細化へと進化しています。美しいビジュアルや動画など表現が多彩になる一方で、専門分野に特化したわかりやすく扱いやすいシステムが求められています。

写真紙のポスターや手書きのホワイトボード、ランプ点灯で状況を表示する表示盤などが、見る見るうちにディスプレイへと置き換わっています。ダイナミックに表示を変えることで、同じ面積でもはるかに多くの情報を伝達することができるディスプレイ。しかし、情報量の増加はシステムを取り扱うオペレーターの負担を大きくすることを意味しています。このような環境の中でオペレーターの負担を軽減し、よりオートマチックに確実性を高めるシステム作りが必要とされています。
JATOでは各種センサーやネットワークから得られる信号を利用したシステムや、現場にフィットしたソフトウェアを提供することで、オペレーターにとってわかりやすく確実性の高い情報システムの構築が可能です。

提案・設計から施工・メンテナンスまで全て自社運営

情報表示システムの構築で、提案・設計・ハード・ソフトを全てひとつの会社で行うことは、目的意識の共有、施工の迅速性からもとても有効です。各社が協力してシステムを構築する体制に比べて、はるかにスムーズで確実な工事を行うことができます。

一般的なコンテンツ表示にとどまらず、専門性の高い環境にも対応

写真例えば、結婚式に参列するために出向いたホテルでの会場案内。この案内表示もただその日の宴席が一覧表示されれば良いというものではありません。専門性の高い環境にも豊富な経験と蓄積したノウハウでお応えします。

デモンストレーションで操作性を実感

写真JATOでは自社にてソフトウェアを開発・提供していますので、お客さまが希望する仕様でのデモンストレーションが行え、一連の操作を体験していただくことが可能です。実際の管理画面で操作していただくことで全体像の把握ができ、日々の業務の予測を立てることができるため、たいへんご好評をいただいています。

きめ細かな運用サポート

写真専門性の高い情報表示になるほどディスプレイ表示がなくてはならない存在となり、よりきめ細かな運用のサポートが求められます。このようなニーズに対して、JATOでは取り扱いのサポートだけではなく、リモートメンテナンスによる設定サポートや稼働状況の履歴確認なども対応可能です。

外部信号を表示に活用

写真緊急地震速報や自動火災報知機などからの信号を受け取ると、普段は情報表示しているディスプレイに自動で緊急情報をを表示することが可能です。来たるべき災害に備えた表示システムを構築し、被害の減少を図ることが可能です。

ページトップ