HOME > 採用情報 > 先輩社員の声 > 先輩社員の声_015

先輩社員の声

デビューした友に負けないで
技術開発分野の一流を目指します
平成28年 入社
技術部門 本社 技術開発グループ

失敗を糧に独り立ちできました

2016年に新卒採用で入社しました。入社後は、技術開発グループに配属され、ラックや卓などの配線の製図やテスト、特注ユニットの部品手配などを行っています。

ある学校法人の案件で、パソコンとモニターをケーブルでつなぐ作業がありましたが、解像度まで調整する仕様のケーブルの取り付けが必要だったにもかかわらず、仕様を確認せず、映像を映すだけのケーブルを取り付けてしまいました。そのため、何度も現場に足を運んで交換しなければなりませんでした。この失敗から、安易に判断せず、仕様など不明な点は周りの人に確認すべきであることを学びました。

以前は先輩の下でサポート業務に従事していましたが、入社3年目を迎え、先輩のチェックなく部品の発注もできるようになりました。一人で業務を行うため、今まで以上に慎重に取り組むようにしています。

また、この2年間を振り返り成長したと感じるのは、PLC(シーケンサー)のプログラミング技術を身に付けたことです。この作業は、グループ内では私にしかできません。当初は補助してもらいましたが、今は一人で操作できるようになったことが大きな成長です。

努力で課題を克服めげずに常に改善

仕事をするうえでの課題は、説明力と理解力不足です。そのため、コミュニケーションがうまく取れないことが多々あります。グループリーダーからは、「専門用語が理解できていないことが原因」と言われています。専門知識を増やす努力をするとともに、相手に思いを伝える前に、心のなかで使う言葉を整理してから話すようにしています。

また、物事を段取りよくスピーディにこなせないことも課題です。仕事の全体像が把握できていないからだと考え、仕事を始めるときは、まずは必要事項を紙に書き出し、優先順位を付けて、段取りよく実行するようにしています。

技術開発の分野で一流を目指します

今後は、今まで以上に開発の仕事に携わっていきたいと思っています。そのためには、大学時代に学んだ電機関係の勉強を今一度見直し、努力を積み重ね、基礎を固めていきたいです。

バンド活動をしている友人がメジャーデビューしているので、彼に負けないように、技術開発の分野で一流を目指し、技術を極めていきたいと思います。これからも一歩ずつ成長していきます。

ページトップ